スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
Toward Nightfall
夕暮れの歩道にかがんで
靴ひもを結び直した
背中に降ってくる電車の音
私は何者でもない


IMG_2093+(1)_convert_20120630094310.jpg





スポンサーサイト

( 2012.06.29 ) ( poem ) ( COMMENT:13 ) ( TRACKBACK:0 )
My Lexicon

雑誌を読んでたら"lexicon"という言葉が出てきた
あいつが仕事で時々使ってた言葉
それを見たり聞いたりするたび、
なんとなく一対の羽と鋭い爪を持った生きものを想像していた


その言葉の本当の意味は知らないままでいようと思う
そしていつか
夜の中をどこまでも走って行きたい
私のlexiconを助手席に乗せて
眠る町をいくつも越えて



mms_picture-15_convert_20111114061542.jpg






( 2012.06.24 ) ( notes ) ( COMMENT:11 ) ( TRACKBACK:0 )
Take the 7 Train
A列車ならぬ「7列車で行こう」

今朝7時、既に気温は80度を超え(摂氏26度くらい)、
クイーンズからマンハッタンへ向かって地下に潜る手前で。


IMG_2583_convert_20120622104235.jpg


牛のように黙々と揺られていくひとたちの間で、
パキパキと言葉を交わす元気なふたりがやけにまぶしかった。






( 2012.06.21 ) ( today ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:0 )
かちかち山の真相
かちかち山にでてきたばあさんはたぬきに殺された、というのはぼんやり覚えていたけど、
青空文庫を読むと、ばあさんを殺したあとたぬきはばあさんに化け、帰って来たじいさんに作っておいたばばあ汁を食わせてせせら笑いながら逃げて行った、となっていた。
なんだこれは。そんな話は聞いてないぞ。
自分で記憶のこの部分を削除していたのか、それともアタシの読んだか聞いたかした話が改ざんされていたのか。

ばあさんの骨を抱いておいおい泣くじいさん、愛するばあさんを「うまいうまい」と食ってしまったじいさん、
自責と後悔にまみれて生きていかなきゃならないじいさん。このじいさんはアタシだ。そしてもっと言うと、じいさんに自分を映して哀れがっているアタシは、あまりにやすやすと騙されたこのばあさんでもあり、背中に火をつけられても「かちかち山だからさ」などと言われて納得した欲に溺れた愚かなたぬきでもある。

ちょっとトシとりすぎてるけど、
できることならアタシは竹から生まれた姫になって、もういいかげん月に帰らせていただきたい。


IMG_8301_convert_20120618002310.jpg

屋根のうえの鷲も帰りたがっている。






( 2012.06.17 ) ( bubble ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:1 )
駅前、午後9時
マンハッタンまで出かけた帰り、J線の地下鉄に乗った。
トンネルではなく地上に出て橋の上をブルックリンに渡る線。
駅は高架になっていて、長い鉄の階段がついている。


IMG_9438_convert_20120611054532.jpg


階段を半分降りたところで見つけた、母子らしいふたり。
それぞれ違う方向を向いて立ち尽くしていた。


小さいころ、いつもどこかうわの空に見えた母のことを
この後 あれこれ思い出しながら小一時間、
ゆっくり家まで歩いて帰った。






( 2012.06.10 ) ( memory lane ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:1 )
夏の手前のありふれた夕方

運河の橋を渡る
いつもの帰りみち

人の顔を窓にいっぱい並べてバスが通り過ぎる
光る雲のあいだを降りてくる飛行機
川面に風が吹いて
V字に並んだ雁が鳴き交わしながら北へ向かって飛んで行った
たっぷり日を浴びたような乾いた声が
オーボエに似ていると気づいて
なんだかちょっとうれしかった

夏の手前の木曜日
もうじき日が暮れる


IMG_6804_convert_20120608094714.jpg





( 2012.06.07 ) ( notes ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:1 )
トーキョー・スカイツリー
トーキョーという街に、
スカイツリーってなまえの塔ができたんだって。
その国のどこからでも見えるくらい高いんだって。
近くで見上げると、塔の先っぽがほんとに空に届いているのが見えるんだって。

でもそれだけじゃないんだよ。

ひるまは銀色の身体を閉じてじっと立ってるただの塔なんだけどね、
それが真っ暗な夜が来ると、おおきなあくびをして、
そしてゆっくり枝を広げるんだって、トーキョーの空いっぱいに。
その枝ひとつひとつに光る実がたくさんついててね。

トーキョーの夜空は最近星が増えたってみんながうわさしてるらしいけど、
ほんとはこういうことなんだってさ。



IMG_9379_convert_20120604054901.jpg








( 2012.06.03 ) ( bubble ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:1 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。