スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
テキーラと濡れたお月さん
今日ではなくて昨日の晩、
いつもの道を歩いて帰った。
かわりばんこに前に出るつま先をなんとなく見ながら、
いいひとになりたいなあ、なんてことをわりと切実に考えてた。
教会の鐘の音が聞こえて、
録音とわかっていても少しは心が清められた気になり見上げると
まだ8時なのにもう暗く、夏が終わるんだとおもった。

ココナツ・テキーラの看板。パイナップルジュースと混ぜてみろ、だって。
そのむこうの空に濡れたお月さん。


IMG_3168_convert_20120831082756.jpg
月がぜんぜん濡れていない、こんな写真しか撮れなくてまことにもうしわけござりません。






スポンサーサイト

( 2012.08.30 ) ( notes ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:0 )
ハコを渡るひと
地下鉄の車両を渡り歩く人たちがいる
車輪の響きが突然大きくなって
次のハコに続くドアから
くらやみの匂いのする風といっしょに入ってくる
神の言葉を伝えるひと
メキシカンらしき楽隊
仕事も家もなくした今の窮状を切々と訴えるひと
学校のクラブ活動の資金にするからとチョコレート菓子を売る少年少女
ヒップホップダンサー
アカペラの歌うたい
やることは違っても、みな巡礼の修行僧みたいな目をしている
こないだは、腿から下のない元兵士らしきひとが両手でいざりながら通っていった
乗客は目を伏せたままそのひとの空き缶にそっとお金を入れた
そしてたまには、
ただ無言で歩き過ぎる遠い目をした男や女
これはきっと向こう岸から迷いこんだやつだとアタシは思う


もともとニューヨークの地下鉄では車両の間を歩くのは違法で罰金チケットを切られたりするらしいけど、
今はドア自体が開かない車両が増えたせいもあってか、そういうひとたちも少なくなってきていてちょっとさびしい。
そういえば、ひと頃はどの電車にもいた、
「ワンダラ、ワンダラ」と呼ばわりながら1ドルのおもちゃやなんかを売っていた中国系の人たち、
どこ行っちゃったんだろか。



McGuinness Boulevard at dusk
                           - McGuinness Boulevard





( 2012.08.26 ) ( notes ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:0 )
So Much for Unconditional Love
「愛」
という言葉を
口にする時 決まって
他人の靴を
間違って履いたような
気分になった
だから極力 言うのを避けた
使い慣れない言葉だから
その意味がよく
わかっていないから
昭和の日本人だし なんて
言い訳はいろいろ
取り揃えて でもほんとは
ずっと前から知っていた
私が持つ「愛」は
空気に触れると
うしろめたさで すぐ酸化する
パチものだから
なのに私は いちど
それさえ出し惜しんで
無条件ってわけじゃないんだからと
言ったことがあるのです
病人にむかって


こんなこと 
告白したからといって
おとぎ話の仙人が現れ
ピカピカの
一流の
「愛」を授けてくれる
なんてこと 決して
夢にも
思っておりません



DSCN1769+(1)_convert_20120819091404.jpg


「愛」って なんですか





( 2012.08.19 ) ( memory lane ) ( COMMENT:14 ) ( TRACKBACK:0 )
At the Graveyard
IMG_2981_convert_20120813043728.jpg

日曜日
丘の上の死人の町に
ピクニックに行った
梅干し入れた大きな握り飯を持って

石の天使は興味津々で
妙なもの食うているなそれはなんだ
すっごくうまいよ
ひとくちあげてもいいよ
でもそのかわり
聞いてもいいかな
交換条件は大嫌いだ
何も教えてやらんよ
おまえは最低だ
そのあと天使は
もう2度と口をきいてくれなくて

アタシは泣きながら
握り飯をひとりでぜんぶ食べ
ゴミを片付け
のろのろ家に帰った


IMG_6266_convert_20120806113524.jpg






( 2012.08.12 ) ( daydream ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。