スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ペラペラ
交響楽の分厚い楽譜のなかの32分音符ひとつ
その小さな記号が持つ意味の重大さに比べたら
アタシたちは生きてくみちみち
なんと実のない言葉を撒き散らしていることか
誰かを守るだとか
ずっと幸せにしてとか
心をきずつけたとかきずつけられたとか
地球にやさしいだとか
オソラのホシになっちゃったのよ、とか
あのひとの分も生きなきゃだとか
ネコが地面を踏む
かすかな音ほどの
確かさもない
夜には絵に描いたモチを欲しがり
日が昇ると
大量生産品を買いあさる
アタシはまさに
吹けば飛ぶ ちょっと汚れたペラペラ


IMG_5289_convert_20111103101115.jpg
今日のGrand Central ー 今日は外がわ。





( 2011.11.02 ) ( poem ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

心は吹けば飛ぶよなか弱さでも、肉体は少々の暴風にも負けん頑丈さ。なんつって(^^;)
失礼しましたー _○/|_ 土下座

クライスラーとグランド・セントラルのツーショット。ニューヨークだねぇ。

( by : もうこ * URL ) ( 11/03 - 10:47 ) ( 編集 )

Re: No title

いやいや、体も心もめっちゃくちゃ頑丈に出来てますよ~。
風よけにおひとついかが?(土下座って言われなければわからない微妙な絵文字が笑えた)

ところでこの彫刻の女の人、気だるそうに下を通るニンゲンどもをながめるその姿が好きです。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 11/04 - 22:30 ) ( 編集 )

No title

 小さな仕掛けとアイデアが詰まっていて、これ面白いですよ。
 「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」茨木のりこさんの詩の一節を、ここのどこかに入れたくて、ちょっと笑えたりもしたのです。

( by : Sakura Town * URL ) ( 11/06 - 11:59 ) ( 編集 )

Re: Sakura Townさま

あなたの強烈で鮮やかな詩に比べると、私のは砂場で安全なお遊びをしているようなものです。やっぱり私には決定的な何かが欠けているのだとこのごろよく思います。茨木のりこさん、読んだことなかったんですが、教えてくださってありがとうございます。もしよかったらこの詩のタイトル教えて下さいね。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 11/07 - 22:39 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。