スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
Notes
走りすぎる夜更けのバスの
窓のなかの顔ふたつ
まるで生き急いだ人みたいに

何かといえばカメラを向けて、せかせかと撮りまくる
まるで今日で世界が終わるみたいに
それで結局アタシはなにも見ちゃいない

朝日に光る線路から12月の空へ
列車の警笛が渡っていく
遠くのこいびとを呼んでいるように

歩道に落ちた右の手袋
手のひらを天に向けている
まるで雪でも待ってるみたいに


それはまるで聖なる丘の神殿 
階段のてっぺんで白く輝く十三夜のりんごと
仰ぎゆく巡礼に似たひとびと

IMG_0579_convert_20111217153440.jpg







( 2011.12.17 ) ( notes ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

タロコさんの表現の変化が見えて、
実に興味深いです。
ショーもない感想で、申し訳ありません。

( by : サクラマチ * URL ) ( 12/17 - 09:23 ) ( 編集 )

サクラマチ様

まだちゃんと練られていない、ショーもないraw materialをあえて載せてしまいました。(練られたものもあまり大差ないですが)新しいものを目指してはいるつもりで、もしサクラマチさんにそのきざしでも読み取っていただけたならうれしいですが、この先どうなることやらです。ありがとうございます。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 12/17 - 20:56 ) ( 編集 )

こんばんは

目的が変わる時もあって良い様にも感じていたけど
言われる様に、カメラを片手に写真を撮る事で時間が終わる事もある
だから、楽しむ事も大切なのにと読んでいて、過去の私に言いたい。
でも、次がないかもって思うと、記念に何か残したくなるともと思う
変われるか分からないけど、楽しむことも増やせばと良いと感じます。

( by : kazu24 * URL ) ( 12/18 - 03:25 ) ( 編集 )

Re: こんばんは

Kazuさん、もしかしたら写真にした瞬間にその時間は終わるのかもしれないですね、考えさせられました。
そして「過去の私に言いたい」こと、私もたくさんあります。やさしい言葉をありがとうございます。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 12/18 - 21:50 ) ( 編集 )

No title

こんばんは!!^^

「歩道に落ちた右の手袋
手のひらを天に向けている
まるで雪でも待ってるみたいに」
のところが好きです。

主旨とは違う読み方で
ごめんなさい。^^;

( by : くわがたお * URL ) ( 12/21 - 05:55 ) ( 編集 )

くわがたお様

こんばんわ、
いえいえ、主旨などというものははじめからなく、たとえあったとしても、好き嫌いの前では当然無力でしょう。好きだと思っていただけてとてもうれしいです。ありがとうございます。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 12/21 - 22:20 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。