スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
Valses Sentimentales
母が再婚したひとと住む家は私鉄の沿線にあって、もうずいぶん昔、アタシはその家にやっかいになったことがある。アメリカから舞い戻った時で、アパートを探す間、2ヶ月ほどだったか住まわせてもらった。

その家では、夜になりまわりが静かになると電車の音がよく聞こえ、その頃アタシはそんな音を聞きながら自分の行く末やらをけっこう深刻に心配していた。最終電車が12時すぎに通った後のそのあたりは、たまに近所の犬がべう、べうと遠慮がちに吠えるくらいで、4時半ごろの始発まではしーんという音が聞こえるほど静かだった。

かたたん、かたたん、と近づいてまた遠ざかっていくその響きがさびしく、それでも最終電車の後の静寂はもっと耐えられないので12時前に眠ってしまおうとやっきになったけどもちろん逆効果で、うとうとしていてもあの音が聞こえるとはっと目が覚め時間を確かめてしまうのだった。

朝になるとその電車に乗ってバイトに出かけた。電車に乗ったら乗ったで窓から母の家を探した。夜に寝どこで聞いたその音に今度は揺られながら、あんな小さな屋根の下で本当に母は寝たり起きたりしているのか、アタシがさっき汚したお茶碗を今頃洗っているんだろうかとかそういったことを、取り返しのつかないようなせっぱつまった気持ちで考えたりした。

今年こそは一度帰ろうと考えてたら、この頃の自分を思い出して笑ってしまった。よくもあれほど生真面目に感傷に浸れたものだと呆れる、でもかと言って今の自分があの頃に比べてちゃんとおとなになっているとも思えない。次に帰った時、あの電車の音にどんな感じがするのか楽しみのようなそうでないような。


IMG_8031_convert_20120108113534.jpg






( 2012.01.07 ) ( memory lane ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

世界がある

世界がありますね、
タロコさんの書くコラムは世界があるなあ。
にゃんこと暮らすタロコさん、
考えて表現できるのは、〈想うこと〉〈想い出〉があるからですよ。
想い出があるタロコさん、ぼくもそうですが、幸福なのかも
しれませんね。
時間が経てば色あせるものばかりですが、〈想い出〉だけは
ちがいんですよ。むしろ、時間が経ち、想えば想うほど
輝くんですよ!想えば想うほど!

HOBO

( by : Mr.HOBO * URL ) ( 01/08 - 05:42 ) ( 編集 )

No title

ふうむ…
寂寥感(せきりょうかん)…。

身につまされる文章ですねえ
思わず亀のように首をすくめましたよ

色々感じ 考えさせられるブログですね

ありがとうございます。

( by : クメゼミ塾長 * URL ) ( 01/08 - 12:11 ) ( 編集 )

Re: 世界がある

HOBOさん、
若い時の自分はなんとセンチメンタルで自分のことしか見ていなかったのかと呆れています。自分に関しては恥ずかしいような思い出ばかりです。でもそんな思い出も時がたって輝くんでしょうか、私がおばあさんになったころに。それなら今からもっと思い出のネタ集めておかないと!HOBOさんいつもありがとうございます。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/08 - 18:58 ) ( 編集 )

クメゼミ塾長さま

こちらこそ、身に余るコメントをいただきありがとうございます。
ほんとに若いころの自分が考えてたこととか思うと首がちぢまることが多いです。あの時何をあんなに不安がっていたのか今ではよくわかりません。ただ意味なく感傷に浸りたかっただけのようでもあり。でも人生なんとかなるもんですね~今もこうやって普通に生きている(笑)!

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/08 - 19:18 ) ( 編集 )

No title

若い頃ってのは色々考えるんですよねえ。
ポジティブの代表みたいなアタシでも若かりし頃は色々考えて悩んだんでしょうなあ。
それが青春だー!

ちなみにうちのおかんは未だに毎日アタシが使った茶碗を洗い、アタシが脱いだ衣類の洗濯もしています(ノд`@)
たまにアタシの部屋の掃除もしてます(;^_^A アセアセ
アタシ、おかんが死ぬまで大人にはなりません。なんてね。

( by : もうこ * URL ) ( 01/09 - 06:10 ) ( 編集 )

もうこどの

私は、離れている時はとても母を愛しているのに、いっしょに暮らすとたぶん息ができなくなると思います。
身勝手親不孝ものの代表選手です私は。それに比べれば洗濯してもらうくらいは可愛いものなのかもしれない。
そのまま子供でいてくださいもうこちゃん。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/10 - 18:38 ) ( 編集 )

No title

結婚してすぐ遠方の地で強制入院する羽目になった私を、実家近くの病院へ転院させ、1年近く世話をしてくれたのは母なのに・・・病後も里帰りして、母と買い物に行くのが楽しかったのに・・・実家から車で10分ほどの所に住むようになったら、母がやたらと疎ましく思え(実際おせっかいタイプで長電話好き)、電話もしなけりゃ家にも寄り付かない私って、ほんとに薄情モノだと痛感する日々。
故郷は、遠くにありて思うモノ・・・なのでしょうか。
いや、やはり私は薄情で、いい死に方はしないかもw

猫様、犬みたいなことをするんですね~。
うちの犬はパピーの頃からおもちゃやボールに一切興味を示しません。
投げたボールはむなしく転がり・・・食う、走る、出す、寝る。なんだかなぁ・・・。

( by : とんがりねずみ * URL ) ( 01/14 - 21:17 ) ( 編集 )

とんがりねずみさま

私もまったく同じです!薄情に服を着せたら私になります。自分のことしか考えてません。ひとりぼっちで野たれ死ぬだろうと思います… やはりなんと言っても近くにいらっしゃるのが一番親孝行じゃないでしょうか、なにかあったら飛んで行けますもんね。

わんちゃんいつもブログで拝見してます、あのもの言いたげな瞳がなんともいえず可愛いですね~。ボールをとってこなくても、よそ見してる隙に食べ物横取りされても、あんな目で見られたらもう許すしかないですよね。

いつもありがとうございます。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/15 - 17:44 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。