スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
余白
駅のベンチに並んで座った 夫婦らしきふたりの会話
無駄のない言葉と たっぷりの余白
アタシはその横に立って
ふたつの声のあいだに生まれ漂うものを聴く
線路を挟んだ向こうのベンチでは
男がひとりうなだれている


IMG_6395_convert_20120124111505.jpg






( 2012.01.23 ) ( bubble ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

>無駄のない言葉と たっぷりの余白
・・・これこそ、男と女のいい関係を持続させる秘訣じゃないかと。
お互い意識しなくても「たっぷりの余白」(やり場のない沈黙じゃなくて)がもてるって、簡単なようで実はなかなか難しいですよ~。

今日もやってしまった・・・口げんか。
どちらも普段の物言いがつっけんどんなので、「余計なひと言」が「無駄な口論」へと発展してしまって・・・わかっちゃいるんだけど、ね。
「たっぷりの余白」
欲しいような、あったら怖いような。

( by : とんがりねずみ * URL ) ( 01/25 - 22:16 ) ( 編集 )

No title

色んな人生がギュッと詰まったような文章ですね。
「あうん」の呼吸の熟練夫婦。
そして自分もかつてはその呼吸をしていたことを懐かしむ未亡人。
向こう岸には呼吸をすることさえ忘れてしまったような男。

夫婦とはなんぞや?




( by : もうこ * URL ) ( 01/26 - 12:49 ) ( 編集 )

とんがりねずみさん

けんか、やっちまいましたか。もう仲直りされましたか?
ほんとそうなんですよね、わかっちゃいるのに、ね。ご主人も同じこと思ってらっしゃるんじゃないでしょか。
その通り、余白も多すぎると空白になっちゃったりして、恐いかもです。

電車待ちのふたりは、ほんとにあの「間」がなんとも言えずサマになってました。

いつもありがとうございます!

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/26 - 22:01 ) ( 編集 )

No title

また、こんばんは!!^^;なんか;目に浮かびます!!なぜか浮かびます!!

( by : くわがたお * URL ) ( 01/27 - 05:46 ) ( 編集 )

もうこさん

もうこさんすごい!本人は深い意味なく書いたんだけど、あなたの読みにうわっと思った、
向こうの男は死んだ亭主だった?

夫婦とは、やっぱりいいもんです。いろんな夫婦がいるけどそれなりに幸せそうで、横で見ててもほっとする。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/27 - 06:23 ) ( 編集 )

くわがたおさん

ありがとうございます!稚拙ながらも、読んだ時に絵が見えるものを目指しているので、そのお言葉は最高にうれしいです!

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/27 - 06:34 ) ( 編集 )

No title

そなんすよね。自分の書いたものや撮った写真が見る人によって色んな表情になることがあるんですよね。
いつもタロコさんの文章や写真からものすごい刺激をもらってます。

ところで最近アタシ、一緒に働いてる子がそろそろ結婚するかもという話を聞いたんですが、「おめでとう」という言葉がふっと出てこなかったんですよねー。「そうかー。あーたもとうとう年貢の納め時かあ」なんてセリフしか出てこない。
アタシ、相当屈折してるなって感じる今日この頃。
(|||´Д`)=3

( by : もうこ * URL ) ( 01/27 - 10:46 ) ( 編集 )

もうこさん

屈折ねえ。そうひどく折れ曲がってるとは思えないけどね。それに、あんまりまっすぐな大人ってのもどうかな~。いつももうこさんにたくさん教えられてます、ありがとう!


( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 01/28 - 07:53 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。