スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
またひとり川を渡って
11月だったかにお見舞いに行った知り合いの人がしばらく前に亡くなり、この週末追悼の集まりがあったのでまたバスに乗って行って来た。もう大往生というお年だったのでうち沈んだお葬式というものではなく、いろいろな人が前に出て故人の思い出をおもしろおかしく語るという感じだったけれども、いすが足りないほどの人を集めたその張本人が不在であるということが骨に痛く沁みるような集まりだった。

会のあと奥さんと少し話をすることができた。彼女は何事もなかったように穏やかな笑顔で静かに話していたけれども、目が異常に張りつめていた。刺すような鋭い視線なのに実際は何も見ていないような深い淵みたいな目をしていた。恐ろしかった。別れ際、「まだ状況が把握できてないの」とぽろりと言ったあと彼女はその目でアタシをひたと見て「私はどうすればいいの、教えてくれる?」と3回も繰り返して聞いた。アタシは何も言えなかった。


IMG_8517_convert_20120206080920.jpg


不思議なことに、相棒が死んだ当時いちばん心を慰めてくれたのは、セラピーとか同じような経験をしたひとが集まる助け合いの会でも「生きるヒント」のような本でもなくて、ごく小さなたあいないものだった。頭の上を飛ぶカモメだったり「吾輩は主婦である」という日本のドラマだったり友達の家族にまじって食べた晩ご飯だったりした。この写真もそのひとつ。叔母さんの中国土産にもらった拙政園という庭園の写真集、何度も何度も眺めて、すごくお世話になった。アタシがこの本からもらったような小さな慰めがこれからの毎日の中で彼女にもたくさん訪れることを祈るのみ。





( 2012.02.05 ) ( on this side ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントありがとうございます。

この写真
サングラスをかけた人(女性?)が右手でカメラを持って
小首を傾げていますね。
ちょっと頬笑みを感じます。
白い氷の上部です。
意識されて撮られたのですか??
不思議な写真でした。

「私はどうすればいいの、教えてくれる?」と3回も繰り返して聞いた。アタシは何も言えなかった。
 ⇒その人の悲しみに添ってあげればいいと 思います
なので
なにも言わなくても 共にウンウンと悲しみに頷いてあげればいいと思いますよ。

タロコ ウラシマさん
お疲れさまでしたm(_ _)m

( by : クメゼミ塾長 * URL ) ( 02/06 - 22:44 ) ( 編集 )

Re: コメントありがとうございます。

クメゼミ塾長さま、
すみません、女性ってどこに??私にはなにも見えない…かなりこわいです。あなたはもしかして普通のひとに見えないものが見える方?それとも私が普通のひとに見えるものが見えないのでしょうか?

アドバイスいただいてありがとうございました。そうですね、ただ聞いてあげればいいんですよね。

(あーそれにしてもほんとにカメラを持った人が写ってるんですか?しつこいようですが恐ろしくてしょうがないです)

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 02/07 - 20:47 ) ( 編集 )

不安がらせてごめんなさいm(_ _)m

タロコ ウラシマさん
ごめんなさいね
怖がらせて そんなつもりなかったからm(_ _)m
でもこの女性微笑んでるし 悪い感じはしないので心配しないでね
大丈夫ですよ
悪霊とかそんなものではありません
安心してくださいね

写真の上部
白と黒のところです
写真の一番上が白く盛り上がっているでしょう
これが顔です
黒い帽子 黒いサングラス 鼻も口もあります
右側に小首を傾げて微笑んでいます
右手(写真では左上)にカメラのようなものを持ちあげていますね。

分からなければ それで 気にしないでくださいね
変なのが見える=悪霊ではありません
心配しないでな
そして不安がらせてごめんなさいm(_ _)m

( by : クメゼミ塾長 * URL ) ( 02/07 - 23:01 ) ( 編集 )

Re: 不安がらせてごめんなさいm(_ _)m

塾長さん、
大丈夫ですよ~

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 02/08 - 20:05 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。