スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
死刑のこと/りんごの花
ゆうべ、夢の中でアタシは死刑執行をガラス越しに傍観していた。
ちょっと前に刑務所付きの牧師さんの話を読んだからかな。それと日本でも誰かの死刑のことがつい最近書かれていたような気がする。

死刑にはそれを決定する人、命令する人、執行する人、見守る人、記録する人が必要で、更に、死刑囚に最後のご飯は何が食べたいかと訊ねる人、最後の会話をし祈りを捧げる人、執行場所まで一緒に歩いて行く人、その後始末をする人、たくさんの人間がこれに関わるはず。死刑囚は、極悪な犯罪者だからこそそんな終わりを迎えるのだろうとは思うけども、それにしても誰かが決めた自分の死の時間に、そうと知りながらそこに向かわなければならないとはどれほどの恐怖だろう。

死刑囚は自業自得と言えるのかもしれないけど、処刑に関わる他の人はみな普通の幸せを望んで働いている普通の人たち。仕事は人の役に立つ喜びを与えてくれるものだけども、その「仕事」にはそんな喜びがほんのひとつまみでも含まれているんだろうか。それどころかその人たちは途轍もなく大きく暗いものを個人的に背負わされて、身体のどこかに重くぶら下げたまま生きて行かなきゃならないのではないか。そんなものを人に押し付ける権利はアタシたちにはないんじゃないか。

何の知識もないアタシにこんなこと言う資格はないかもしれない。犯罪者に身内の命を奪われた経験がないからかもしれない、死んで行く人を見るということに異常に反応しているのかもしれない。きれいごとかもしれない。それでも、誰かに聞かれたら死刑には反対というしかない。


__________________

で、重たーい話は終わり。
NYも春まっさかり、満開のりんご並木の道でキスするふたり、New York Botanical Gardenにて。

IMG_9190_convert_20120416092726.jpg







( 2012.04.15 ) ( on this side ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

すごいステキなカップルですねー。リンゴの花って見たことないですがすんごいステキです。幸せが溢れかえってる1枚です。いいな、いいな、いいな。(ノ▽≦*)

死刑のことは難しいね。でもアタシは反対ではない。ただタロコさんが言うように執行に伴ってそれを背負わされる人々のことを考えると(-公- ;)ウーンだけど。

( by : もうこ * URL ) ( 04/16 - 05:40 ) ( 編集 )

No title

タロコさん こんばんは♪

日本でも「裁判員制度」がひかれて、民間人が判決を下さなくてはなりません。
そんな時、「死刑」の判決を下すのは後々まで心に残るとテレビで報道してました。
ましてや、死刑執行に携わる人たちは仕事といえ、耐え難い想いを背負うのでしょうね☆

満開のりんご並木の道でキスするふたり、いいですねぇ~!日本ではなかなか見られない光景ですね♪
また、日本人はこうしたオープンな風土がないというかすこし淋しいですね☆

( by : miorpoet * URL ) ( 04/16 - 07:24 ) ( 編集 )

もうこさん

いいないいないいな、と言いたくなるよね~。
うちの隣の家の裏庭には梨の木があって、秋になると家族総出で実をもぎったり木を揺すったりして収穫してます。これも、いいないいな~、と横から見てます。
めずらしく「意見」を書いてみたけど、どうも無知な女の感情論風な。。でも反対、賛成、わからない、色んな意見のひとがいる世の中はいい世の中だと思います、はい。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 04/17 - 21:03 ) ( 編集 )

minorpoetさん

こんばんは!
そうか、日本も今は「裁判員」が判決を下すようになっているんですよね。そのテレビ番組私もちょっと見てみたいです。

キスもこんなかわいいのもありますが、朝の電車の中で隙間なくぴったりくっついている人たちもいて、そんな時横に立ってる私の方が恥ずかしくなったりします。見ないようにはしますが音が聞こえる(笑)

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 04/17 - 21:35 ) ( 編集 )

No title

死刑については、軽々しく口をはさめないですね。
一方で刑にたずさわる係官とその家族、系類の気持ちを想像すると、寒いものが背中を走ります。
そういえば江戸時代には山田浅右衛門を代々名乗る首切り役が居ました。
刀の切れ味を試すのが一方の大切な役割だったそうで、当然刀術にすぐれた武士の家系でしたが、
九代続いた山田家で実子が跡を継いだのは、たった一人だったそうです。
ほかはすべて養子として迎えた人物でした。
実子にその禍々しい職を継がせなかった当代一流の剣士。
その気持ちは現代に住んでいる私にも、やるせないものがあります。

( by : NANTEI * URL ) ( 04/21 - 06:57 ) ( 編集 )

NANTEIさん

考えれば考えるほど答えの出ない問題ってあるんですね。
江戸時代の山田さんのお話、そのご一家は、誰かがやらなければならないけど誰もやりたくない仕事を黙々とやってこられた。そういう方たちの話をもっと私たちは聞かなきゃならないですね。
ありがとうございました。

( by : タロコ ウラシマ * URL ) ( 04/21 - 19:52 ) ( 編集 )

No title

こんばんは!!^^きれいですね!!^^りんご並木の道があるのですね。桜みたいに見えると感じました。^^

( by : くわがたお * URL ) ( 04/25 - 06:10 ) ( 編集 )

くわがたおさん

りんごと桜の花はよく似てますね。アーモンドの花も桜にそっくりですよ。(写真しか見た事ないけど)
私は、ももとうめの花の違いがよくわからないです、すみません。

( by : タロコ * URL ) ( 04/26 - 21:27 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。