スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
記憶
ずっと昔、ものすごく好きな男の子がいて、
かなり思いつめていたはずなのにもうその子の顔も名前もさっぱり忘れてしまった。

「甘酸っぱい思い出」なんてよくいうけど、果物と同じように、思い出も時間と共に熟れていくからだろうか。
最後は朽ちて記憶の木からぽっとりと落ちるか、
枝にくっついたまま萎んで色も匂いも風化されていくんだろう。


そういえば、気に入った写真にピンボケが多いのは、おもいでに似てるからかな。

IMG_1700_convert_20120507082158_convert_20120529061907.jpg
このあいだ電車からなにげなく撮ったプラットフォーム、なぜかわからんけどすごく懐かしい。


IMG_8442+(1)_convert_20120529065216.jpg
近所のコインランドリー。これも昔に見た景色の切れっ端のような。


IMG_9388_convert_20120529061743.jpg
なんだかしらんが、さっき撮ったチビまでが懐かしい。


ピンボケ写真で「おもいでごっこ」にふける祭日の午後でした。




( 2012.05.28 ) ( notes ) ( COMMENT:11 ) ( TRACKBACK:1 )
コメント

No title

タロコさん おはようございます♪

プラットホーム、コインランドリー、思わず「日本?」って思います♪

チビちゃんも可愛い~! 

人は 「忘れること」が 仕事かも?

( by : miorpoet * URL ) ( 05/28 - 20:04 ) ( 編集 )

No title

リンク有り難うございます。
はずかしいですよ、タロコさん、いつ閉店になるかも知れないような
ネコブログですのに・・・

ピンぼけ いいですね 大好きです。 

( by : N,yasuko * URL ) ( 05/29 - 09:49 ) ( 編集 )

No title

やっぱり心に響いてしまう写真と文章です。
曽野綾子さんの書き物を連想してしまいます。

( by : MASH * URL ) ( 05/29 - 10:19 ) ( 編集 )

monorpoetさん

こんばんは!
人は忘れるんですね~。こないだ仕事で、ある事を忘れないようにとびっしりメモを書いて、そのことをすっかり忘れて2週間ほど経ってああメモ書かなきゃってまた思いました。その時から私は自分の脳みそが本当に信じられなくなりました。

( by : タロコ * URL ) ( 05/29 - 20:53 ) ( 編集 )

N,yasukoさん

こっちもいつ枯れるかわからない、頼りない井戸ですよ~。
今後ともよろしくお願いしますね~

( by : タロコ * URL ) ( 05/29 - 20:56 ) ( 編集 )

MASHさん

お恥ずかしい限りです。このブログ、最近は、本文よりも皆さんからのコメントが読み応えあって濃い内容になってきてます。でも誉めていただいて素直にうれしいです、ありがとうございます。
曽野綾子さんを連想されると言われると恐れ多いですが、私も好きです。この人は目を見ひらいているなあといつも思います。それもすごくクールな目ですね。












( by : タロコ * URL ) ( 05/29 - 21:52 ) ( 編集 )

No title

昔、友達に言われたなあ。
アンタは男と別れるとほんと綺麗さっぱり過去は忘れて次の人生歩いてるなあって。
はっはっはぁ。さいですかねえ。
まあ女ってみんなそういう生き物でしょ。
でも思い出はイッパイ作りますよー。老後はそれを食べて生きてくかんね d(。ゝд・)

( by : もうこ * URL ) ( 05/30 - 12:08 ) ( 編集 )

もうこさん

あはは、「さいですかねえ」がキミらしくて好き。
老後は雲を食べる仙人になるのだねえキミは。
私は、そうだな、日本に帰って近所のワカモノ相手にファンキーなたこ焼屋を開業し、「ババア」と親しみ込めて呼ばれたい。

( by : タロコ * URL ) ( 05/31 - 20:48 ) ( 編集 )

No title

ファンキーなたこ焼き屋。いいですねー。
「ばばあ、くぉらっ!このたこ焼き、タコ入ってねーじゃねかよお!」
「うっせーよ!くそガキ!黙って食え!」
なんて世代の差を感じさせない楽しい会話が毎日聞こえてくるのですね。
あ、タロコさんのこめかみには絶対四角く切った小さな膏薬貼っといてね。

( by : もうこ * URL ) ( 06/01 - 11:12 ) ( 編集 )

No title

今撮ったばかりの写真までが懐かしい・・・
そんなことってありますよね。チビちゃんかわいい♪とってもいい表情してますね。
私は床屋さんの店の中を覗き込むといつも懐かしい気持ちになります。
別に小さい頃行ってたわけじゃないんだけれど。
駅のプラットホームもいつも懐かしいきぶんがしますね。
以前の記事で、地下鉄などの駅のこと、人が集まってはまた出ていく砂時計のようだって
おっしゃった表現、ああ、いいなあ、って思いながら見てました。

私は今、『チャーリング・クロス街84番地』という、映画化もされた小説の
原作を書いた、Helene Hanff という人の、『レター・フロム・ニューヨーク』
という本を読んでいます。1970年代のニューヨークの暮らし、
深夜、アパートの玄関前で出来る犬仲間の静かな集いとか、サンクスギビングの
日のこととかニューヨークの暮らしを描いたコラムを集めたもの。
『チャーリング・クロス街84番地』というその映画もとてもよくって、タロコさんが
In the Nightの記事にお使いになったお写真ね、あんな夜の窓に似た光景も
一瞬出てきて、はっとしました♪ ^^

こちらは朝日が眩しいです。

( by : 彼岸花さん * URL ) ( 06/07 - 19:34 ) ( 編集 )

彼岸花さん

『レターフロムニューヨーク』、とっても面白そうですね。
深夜のアパート前での犬仲間の静かな集いってとこ、特に惹かれます。きっと探して読んでみます、映画も見よう。
眩しい朝日の中、教えてくださってありがとうございました。

彼岸花さんのtunbleweedの記事も、語彙が貧しくて申し訳ないですが、すごく感動しました(ほんとに貧しいな)。また新しい記事を楽しみにしていますね。

( by : タロコ * URL ) ( 06/07 - 21:33 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック

ずっと昔、ものすごく好きな男の子がいて、かなり思いつめていたはずなのにもうその子の顔も名前もさっぱり忘れてしまった。「甘酸っぱい思い出」なんてよくいうけど、果物と同じように、思い出も時間と共に熟れていくからだろうか。最後は朽ちて記憶の木からぽっとりと落...

( まとめwoネタ速neo ) ( まとめtyaiました【記憶】 ) ( 05/29 08:27)
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。