スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
駅前、午後9時
マンハッタンまで出かけた帰り、J線の地下鉄に乗った。
トンネルではなく地上に出て橋の上をブルックリンに渡る線。
駅は高架になっていて、長い鉄の階段がついている。


IMG_9438_convert_20120611054532.jpg


階段を半分降りたところで見つけた、母子らしいふたり。
それぞれ違う方向を向いて立ち尽くしていた。


小さいころ、いつもどこかうわの空に見えた母のことを
この後 あれこれ思い出しながら小一時間、
ゆっくり家まで歩いて帰った。






( 2012.06.10 ) ( memory lane ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:1 )
コメント

No title

こういう雑然・・というか、よそ者にはちょっと物騒に見える風景って、なぜか魅かれます。
ロスのダウンタウンもこんな感じで・・・アメリカのダウンタウンはみんな似たような感じなのかなぁ?
日本の「商店街」が、どこも似たような雰囲気なのと同じで。
そして私の母も「上の空」なヒトですw

地下鉄、まだ「トークン」ってコインみたいなの、使ってるんですか?
みんな磁気カードみたいなのかな、やっぱ。
静岡は地下鉄がないので、東京や名古屋の地下鉄に乗ると、すごく疲れます。
あの音がねぇ・・・。

( by : とんがりねずみ * URL ) ( 06/10 - 23:55 ) ( 編集 )

とんがりねずみさん

ひや~、うれしいです、この写真、実はあなたに見てもらいたくて載せたもんで。(へへ)
NYのうらぶれた部分というか、そういう景色きっとあなたもお好きだろうな、と。
とんがりねずみさんが以前この国を放浪されてたと聞いて、やっぱしかっこいいわ~、と密かにホレボレしてました。トークンはもうとっくになくなっちゃって磁気カードですが、これがまた不具合が多くて。
あなたのお母様もうわの空、私も子供がいたらたぶん母みたいな母親になっていたんだろうなあと思います。
まあ、今の親たちの子供に向けるものすごい情熱を見てるとどっちがいいんだかという気もしますけど。

( by : タロコ * URL ) ( 06/11 - 19:26 ) ( 編集 )

No title

タロコさん こんばんは♪

映画のワンシーンのような写真ですね~

( by : miorpoet * URL ) ( 06/12 - 10:22 ) ( 編集 )

minorpoetさん

いえいえ、暗いのにカメラも固定しないで適当にバシャバシャ、きちんと写真を撮られている方から見たら噴飯ものの写真ばかりです。厚顔無恥な私を許してくださるminorpoetさん、あなたの広いフトコロに感謝です。

( by : タロコ * URL ) ( 06/12 - 20:00 ) ( 編集 )

No title

写真がミニチュアかジオラマのように撮れるカメラ?があるようですが、
それでお取りになられたのかな、と一瞬思いました。
ほんと、何かジオラマの中の風景と人物のように、人生の一瞬を
切り取ってらっしゃる。
こんなの見ると、胸がきゅん!としますね。
母は何を想い、子は何を考えていたでしょうか…
母と子だけではない、けだし人間関係というもののすべてに、こうした
さみしいすれ違いというものはつきものなんでしょうね。

人間に犬の尻尾があったら面白かろうがな、と思ったことがあります。
素直に喜んだり、意気消沈してるのが相手に丸見えになっちゃうから、
無駄な意地を張ることもなくなり、素直に生きられるかな、と。
恋人と会っても、相手が尻尾全然振っていなかったり!(笑)そりゃ、つらいな!(爆)

でも昨日。信号待ちの時、ポインター犬と柴犬の出会いに出くわしました。
陽気で気のいいポインターはおともだちとママに出会って嬉しくて仕方がない。
飛びかかってべろべろして絡みつきたいんだけど、柴犬の方は
引き紐めいっぱいの遠くに離れて立って、体をもう横に向けちゃって、
耳を後ろに引いて、全身で拒否反応!(笑)
仕方ないポインターは、尻尾だけを悲しげに緩やかに振ってました。
柴犬は、白目をむいて、『早く、早く行こうよ!』と全身で飼い主に
訴えていた…
ああ!犬の世界も感情の齟齬はある…?!(爆)

みんな、仲良くしようよ~~~~~♪

…でも、この孤独が人生の味わいなんだろうなあ…
一人も寂しいけれど、家族がいても。友が一緒にいても。恋人がそばにいてさえ、
たぶん。人間というのは寂しいものです…
『悲の器』たる人間というものは、満たされるということはないんだろうな…

こちらは今にも雨の降りだしそうな曇天の午前。
さっきまで、ホトトギスが恋人を求めて、悲しげに何度も啼きながら
我が家の上空を飛びまわっていました。

( by : 彼岸花さん * URL ) ( 06/18 - 22:05 ) ( 編集 )

彼岸花さん

いつも思いますが、彼岸花さんのコメントひとつひとつがじんときます。
彼岸花さんをはじめ、ここはみなさんのコメント欄の方が読みごたえ噛みごたえあり、とても味わい深くてなんだか申し訳ないです。

ホトトギスもひとも、ひとりじゃさびしいんですよね~。でも誰かといっしょにいてもまださびしいのは人間だけかもですね。

( by : タロコ * URL ) ( 06/19 - 21:30 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック

マンハッタンまで出かけた帰り、J線の地下鉄に乗った。トンネルではなく地上に出て橋の上をブルックリンに渡る線。駅は高架になっていて、長い鉄の階段がついている。階段を半分降りたところで見つけた、母子らしいふたり。それぞれ違う方向を向いて立ち尽くしていた。小...

( まとめwoネタ速neo ) ( まとめtyaiました【駅前、午後9時】 ) ( 06/11 08:44)
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。