スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
かちかち山の真相
かちかち山にでてきたばあさんはたぬきに殺された、というのはぼんやり覚えていたけど、
青空文庫を読むと、ばあさんを殺したあとたぬきはばあさんに化け、帰って来たじいさんに作っておいたばばあ汁を食わせてせせら笑いながら逃げて行った、となっていた。
なんだこれは。そんな話は聞いてないぞ。
自分で記憶のこの部分を削除していたのか、それともアタシの読んだか聞いたかした話が改ざんされていたのか。

ばあさんの骨を抱いておいおい泣くじいさん、愛するばあさんを「うまいうまい」と食ってしまったじいさん、
自責と後悔にまみれて生きていかなきゃならないじいさん。このじいさんはアタシだ。そしてもっと言うと、じいさんに自分を映して哀れがっているアタシは、あまりにやすやすと騙されたこのばあさんでもあり、背中に火をつけられても「かちかち山だからさ」などと言われて納得した欲に溺れた愚かなたぬきでもある。

ちょっとトシとりすぎてるけど、
できることならアタシは竹から生まれた姫になって、もういいかげん月に帰らせていただきたい。


IMG_8301_convert_20120618002310.jpg

屋根のうえの鷲も帰りたがっている。






( 2012.06.17 ) ( bubble ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:1 )
コメント

No title

タロコさん こんばんは♪

「かちかち山」のストーリーが思い出せません(笑)

「できることならアタシは竹から生まれた姫になって、もういいかげん月に帰らせていただきたい。」
妙にリアルですけど。。。 写真の月が綺麗です♪




( by : miorpoet * URL ) ( 06/18 - 10:20 ) ( 編集 )

No title

竹から生まれた姫て、あーた、ちょっと、姫って・・・。かえすがえすも”姫”って・・・え?ひつこいですか?

アタシも久しぶりにブログに写真のっけたんですが偶然お月さんの写真でした。
こっちの月は竹で棒高飛びしたら届きそうな低い位置であかあかとしていた月です。
ちょっとアカ抜けん写真ですが(^^;)

( by : もうこ * URL ) ( 06/18 - 12:39 ) ( 編集 )

No title

おとぎ話は、もともと残酷でえぐい!

タロコさんがなりたがっているカグヤ姫だって、
竹の切り方が悪くて、体真っ二つになって出てきたそうだ・・・(~_~;)

まだまだあるけど、あたしだってこれ以上喋る勇気ない。
さいなら。

( by : NANTEI * URL ) ( 06/18 - 20:34 ) ( 編集 )

minorpoetさん

あのですね、「かちかち山」はですね、小悪人のたぬきにばあさんを殺されたじいさんの代わりに、なんの関係もないうさぎが横からしゃしゃり出て来て涼しい顔して冷酷非情な仇討ちをするという、この話はうさぎが作ったんじゃあないかと疑うような、うさぎだけが気持ちいい話なのです。うさぎに逆恨み(笑)。

( by : タロコ * URL ) ( 06/18 - 21:15 ) ( 編集 )

もうこちゃん

ひつこいひつこいッ。誰になんと言われても、あたしゃいっぺんでいいから姫と呼ばれたいんですッ。
今見せてもらいましたよお月さん。子供が路地から見上げたような角度がなんか懐かしい感じ、アタシは好きです。こっちの童謡に、「牛が月を飛び越えた」とかいう歌詞の歌があるけど、こんど英語の先生に聞いてみて。なかなかいい歌ですよん。(題名は忘れた)

( by : タロコ * URL ) ( 06/18 - 21:25 ) ( 編集 )

NANTEIさん

じいさんが竹をすぱっと切ったら首が笑顔でコロコロって?
それともタテ半分で、竹と一緒にでろ~んと曲がって?
それはもう姫なんかじゃなくて物体、じいさん、うわっと三尺くらい飛び退いたかそれとも腰ぬかしたか。

さいなら。でメシ噴きました。

( by : タロコ * URL ) ( 06/18 - 21:38 ) ( 編集 )

No title

昔話の改ざん、結構あるらしいですね。
特に近年、子供に残酷な場面を見せたり想像させたくないという、実にあほらしい理由で。

かちかち山、そんな話だったんですかw
でも他にもいろいろアブナイ昔話ありますよね。
桃太郎の家来の動物たちは、キビ団子で買収されたわけだし、猿蟹合戦は詐欺の話だし、浦島太郎はオカルトだw

で、ちなみに今、日本ではかぐや姫はあんまり・・・なにしろ、某債務とりまとめ会社(法律事務所かも)のCMで使われてて。

かぐや姫「私はもう月へ帰ります」
じいさま「そんなこと言ってもお前、債務が残っておるぞ~」
ばあさま「アリーレ(社名)に相談してみたら?」
かぐや姫「でも月からは遠いし・・・」
社員姉ちゃん「アリーレはどこからでもご相談は無料です♪」
・・・みたいなCMをしょっちゅうやってるので(笑)

私はカメに乗って竜宮城へ帰りたい。でも絶対ババァになって戻ってくるのは嫌だ!
もうすぐお盆。
日本ではキュウリの馬とナスの牛に乗って、「あの世」とやらから誰かが帰ってくる・・・。

( by : とんがりねずみ * URL ) ( 06/18 - 22:18 ) ( 編集 )

Re: No title

ですよね!アメリカ人も日本人もこのごろは子供を大事にしすぎて、はたでみてるとなんかこっちがハラハラする。いつまでも子供を守れるわけないのに。

コマーシャル、YouTubeにありました!(社名はアディーレでしたけど😊 ) セリフ棒読みがいいですね~。もうひとつ犬や豚に相談するやつもあって、最後に出てくる髪の毛カチカチっぽい男性がこれまた棒立ち棒読みで笑った。日本に帰る楽しみのひとつはテレビのコマーシャルだったりします。

私はこの秋にカメじゃなくて飛行機に乗って、ちこっと日本に帰ろうと思ってます。(帰るたびになんだかサトゴコロがついてしまい、こっちに戻るとちょっと心の調子が悪くなってしまうので、なんやかや理由つけて伸ばし伸ばしにする身勝手なやつです)ババアになりかけの半ババアで帰ります。(母ババアがびっくりするかも)

( by : タロコ * URL ) ( 06/19 - 21:53 ) ( 編集 )

No title

こんばんは!!^^息子に買った絵本^^;では、おばあさんはたぬきに殺されたところまでだったと思いますが、ウィキペディアのあらすじには「婆汁」の記載がありました。かぐや姫は、なぜ竹から生まれ、そしてそれでいながら月に帰ると言ったのか、どうしてもわかりません。(相談ではありません。^^;)「鷲」を漢和辞典で部首索引すると、鳥あし?十二画で、残りも十二画、<わし>猛鳥の名、とか、わかりました。老眼進んできてます。^^;

( by : くわがたお * URL ) ( 06/20 - 11:02 ) ( 編集 )

くわがたおさん

こんばんは!かちかち山の絵本、こっそり端折ってましたかやっぱり。かぐや姫は実はかちかち山のたぬきが化けていて、こんな有名になっちゃってバレるのが怖くなったからでしょう(相談されてもいないのに説明しちゃってすみません)画数の多い漢字はパソコンでもやっぱり塗りつぶしたみたいになりますねえ。瘋癲とか。鶺鴒とか。書いた本人も次の日見たら読めない!

( by : タロコ * URL ) ( 06/21 - 21:40 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック

かちかち山にでてきたばあさんはたぬきに殺された、というのはぼんやり覚えていたけど、青空文庫を読むと、ばあさんを殺したあとたぬきはばあさんに化け、帰って来たじいさんに作っておいたばばあ汁を食わせてせせら笑いながら逃げて行った、となっていた。なんだこれは。...

( まとめwoネタ速neo ) ( まとめtyaiました【かちかち山の真相】 ) ( 06/20 07:24)
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。