スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ある日のふたりづれ
暑かった一日の夕暮れ時、
リンカーン・センターで。


IMG_2757+-+2012-07-03+at+19-42-23_convert_20120707105855.jpg
野外サルサ・フェスティバルでのシブ~いふたり。


IMG_2712_convert_20120707110057.jpg
影もぴったりとふたりです。


IMG_2789_convert_20120707111027.jpg
このふたりは噴水で夕涼み。


ここんとこNYは暑いです。明日は摂氏42度との予報。





( 2012.07.06 ) ( on this side ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

こんばちは~。^^

タロコさんの写真はいいなあ…

無論、詩文もいいですが。

独特のせつなさが、文にも写真にもありますね。
人が生きていくこと…その束の間のいのちのせつなさが
写真からも文章からも匂い立ってくる……


は~い。↓
プィ~ンとタロコさん、もうこさんの傍に飛んで行った蚊はわたしで~す!(笑)


( by : 彼岸花さん * URL ) ( 07/07 - 05:30 ) ( 編集 )

No title

摂氏42℃というのは、暑いの範疇を超えて寒くなるほどの怖さであります。
折しもヒッグス粒子なる大発見。
カール・ホーガン博士は「賭けに負けた」とのたもうたそうです。
なんのことやら・・・

サルサは人の起源を忘るるなかれ!という戒めの踊りでもあります。

曰く・・・
俺たちゃ、サルサ!

( by : NANTEI * URL ) ( 07/07 - 08:15 ) ( 編集 )

こんばちは、彼岸花さん

「いいなあ…」って、こんな風に言ってもらえるほどうれしいことないです。
ありがとうございます!(こんな月並みな言葉しか言えなくてすみません)
そうでしたかやっぱり。ということは、刺し逃げしてもう日本に帰っちゃったんですねえ。

( by : タロコ * URL ) ( 07/07 - 21:43 ) ( 編集 )

NANTEIさん

悪寒がするほどの暑さ、フィラデルフィアで味わってきました。
『泳ぐな』というサインを踏みつけてみんな噴水で泳いでました。
ものすごく冷房のきいた建物の中に入ってもかなり長い間体温が下がらず。
ところでヒッグス粒子ってなんですか?暑さでやられたわけではなくただの無知なんですが、これから調べます、お師匠さん。
サルサの起源、信じていいんだかここで笑うべきなんだか。
わはは。(とごまかす)

( by : タロコ * URL ) ( 07/07 - 21:53 ) ( 編集 )

No title

彼岸花さんへ
そうですか。あの蚊はあなた様でしたか。
そんなこととはつゆ知らず、タロコさん虫除け虫除けとやっきになってましたよ。アタシは刺されてもじっと我慢の子です。

( by : もうこ * URL ) ( 07/08 - 07:40 ) ( 編集 )

No title

はい~。もうこさん、あれはあたしでした~。
おふたりの傍に行きたくて~。^^
よろよろよろと太平洋渡って、また帰ってきました~。

( by : 彼岸花さん * URL ) ( 07/08 - 20:25 ) ( 編集 )

No title

〈ふたり〉というのはいいですね。
とても強いようでいっぽう、孤独がいつもとなりにいるような。
〈ふたり〉というのは切ないなあ。
へんなコメントですね、ごめんなさいね。
ただそこにある〈ふたり〉を眺めていると、いろんなことが
巡りますよ。
どんな気持ちで〈ふたり〉なのか、憬れますね。
でもぼくはひとりのほうがいいかなあ。笑

HOBO

( by : ほーぼー * URL ) ( 07/10 - 22:54 ) ( 編集 )

ほーぼーさん

「孤独がいつもとなりにいる」って、詩人のほーぼーさんらしいお言葉ですね。
ふたりっていうのはとても心安らかですね、さんにんはちょっと危うい感じがします。私はふたりがいい、でもひとりのよさもしみじみ感じることができるこのごろです。ほーぼーさんご自愛を。

( by : タロコ * URL ) ( 07/11 - 22:50 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。