スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
郷愁の胸やけとアユ
ともだちはある日突然この家に来て、なんにちか寝起きしたあとまた突然いなくなった。
いつものことだけど、その後しばらくアタシは、上映の終った映画館にぽつんとひとり居残っている気分の中で過ごす。

それは「ホームシック」なのか「郷愁」と呼ぶものなのかよくわからないけど、その間の、後悔に似た胸やけみたいな居心地悪さの中でふいに、すっかり忘れていた昔のことが匂いや音や手触りも含めてものすごく鮮やかに目の前に現れることがあって、それは「思い出」というにはあまりにはっきりとホンモノなので、アタシはけっこうこれを歓迎して「降臨」などとおおげさに呼んだりしている。

で、今回それは「アユ」。子供の頃からオトナの食べ物が好きだったアタシは、高校生のころ、学校帰りに友達を家に呼んで焼きなすにショウガ醤油なんておやつを作って食べたりしていた。それはたぶん母が小料理屋をやっていた影響で、春には鯛の桜あんや鰹のたたき、夏になるとハモなんかもよく食べた。中でもアユは大好物だった。

夜中に天井を見てたら突然、きゅうりによく似たアユの匂いがした。母が横に立っていて白い発泡スチロールの小箱を開けたのだった。みどりに光る身体はヌルヌルしていて、ああこれのせいでアユはものすごく早く泳げるんだなあと勝手に納得した。母は片手で限りなく優しく包むようにアユを持ちながら、もう片方の手で冷ややかに銀の串をつき刺した。「盛りつけた時、頭が天を向くように、跳ねてるみたいに打つのや」と目を手元に落としたまま母が言う。

次の瞬間アユはもう焼けていて、金色の鰭にまぶした塩も程よく焦げて香ばしい匂いがたっている。川魚の特徴なのか、繊細そうな見た目に似合わず皮は厚く強靭で強火で焼いても壊れることなく、その皮に守られた身は眩しいくらい真っ白で柔らかくて、焼きたての熱々なのになぜか涼しい匂いがする。それを先の細い華奢な箸でひとつまみ、たで酢にちょいと浸して食べる。うんま~い。あ、そういえばお腹のところの、脂に包まれたほろ苦い部分、あれもおいしいんだよなあ。

いま母に、これから飛行機に乗るからアユ焼いて、と電話したらなんて言うだろうか。
案外、はいはい、と静かな答えが返ってくるのかもしれない。



IMG_8550_convert_20120213091216.jpg






( 2012.07.15 ) ( memory lane ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

みどりなる

前回の「またね」を読んだ時、晩ご飯 何を食べたのかな~って思ったの
食べた物によっても 桟橋の風景がかわるような って思ったの

でも、コメントはしなかったの
みんな ステキなコメントだったから

鮎か~ 哀愁は鮎の色と香り 

( by : N,yasu * URL ) ( 07/15 - 21:13 ) ( 編集 )

No title

わはは。こんなとこまで似てます。
父は太公望で、私も小学生くらいまではよくアユ釣りに付いていきました。
友釣りという、川に入ってやる釣り方は私には危ないというので、私だけ、岩の上で餌釣りw

キュウリのにおいがするアユ・・・普通、アユは「スイカのにおいがする」って言うんですけどね(笑)
でもキュウリもスイカも瓜だし、皮の部分は似たようなもんだからにおいも似てるかも。
あのニオイは川によって若干違うそうです。アユが食べる苔のにおいなんだとか。

もう随分アユの塩焼き食べていないなぁ・・・。
甘露煮はお正月に作ってくれますが、やはり塩焼きだね♪
あと、意外とおいしいのが、アユを開きにして作った天ぷら。わさび塩で食べるとサイコ~♪
ああいう繊細な魚の扱いは、アメリカ人には無理かも(笑)

( by : とんがりねずみ * URL ) ( 07/15 - 21:20 ) ( 編集 )

No title

♪疾風のように現れて 疾風のように去ってゆく♪ そんな、人を月光仮面のおじさんみたいに・・・

鯛の桜あん、ハモ、かつおのたたき。料理下手の母の元で育ったアタシには考えられないことです。そんなものうちの食卓に乗ったことはない。絶対ないっ!

”限りなく優しく包むようにアユを持ちながら、もう片方の手で冷ややかに銀の串をつき刺した。”
アタシは水族館が好きです。昔4~5人のおば様方が水族館に来てました。いわしの大群がいる水槽を見ておば様方は、「いや~、美味しそうやねー」と言っていました。アタシは水族館にいる魚と”食”という言葉を結びつけたことがなかったのカルチャーショックを受けました。その時アタシは少し大人になったのでしょうか。

( by : もうこ * URL ) ( 07/15 - 22:33 ) ( 編集 )

Re: みどりなる

N,yasuさん、
晩ご飯何食べたかっていうと、え~っと、近所のフレンチ・カフェへ行ったんでした。
そこの店の定番のオニオンスープを食べました。これがもしメキシカンだったら、景色はどう違ったんだろうか、よくわからない、ごめんね。
でも夕暮れの景色に一番似合うのはやっぱりサックスとかトランペットとかの金管かなあ、どう思います?

( by : タロコ * URL ) ( 07/16 - 20:46 ) ( 編集 )

とんがりねずみさん

うわ~そんなぜいたくな幼少期をすごされましたか!私はなんとか死ぬまでにアユ釣りの人についていって川原で塩焼き、ってのを実現させたいのですが。

はは、そうかアユはすいかの匂いだったか。その通りかも、きゅうりより甘いような気がする。(それとも思い出は実際より甘くなるのかな)甘露煮に天ぷら、それにわさび塩!たまりません。アユの塩焼き、私のかわりにぜひご賞味ください!(嗚呼うらやまし)


( by : タロコ * URL ) ( 07/16 - 21:05 ) ( 編集 )

もうこさん

ははは、おもしろーい。
もうこはけっこうオトメですねえ。
水族館のいわしやアジ、実は私も美味しそうと思ってしまいます。魚はどこで見ようと食べ物に見える。
かわいげのかけらもない私は水槽の前に立って「いわしは甘酢漬け」「鯛の洗い、梅肉添えで」「アラ炊きもよろし」などと思ってしまう。

( by : タロコ * URL ) ( 07/16 - 21:29 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。