スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
The World of Five-Seven-Five
今さらだけど、俳句ってすごい。
たったの17文字、言葉にするとせいぜい5つ6つくらいかな、数秒で読める。
まてまて、読むというより「見る」という方が近い気がする。エイッと見る。
エイッと見たあとほんの少し遅れて、形や色や湿り気や匂いや音が見えてくる。
花火のようにどんと一気に開くのや、湯気みたいにゆっくりたちのぼるのもある。そして目の裏に残る残像。
俳句はすごい、俳句を作れる人はすごい。

しばらく前から知り合いの人に俳句の会に誘われていたけど、「ご、しち、ご」そんな短い字数、アタシにはムリ無理、とのらくらしていたら、その人とうとう業を煮やして、5月からとりあえず始めて見なさいよ、誰にだってできるわよ俳句くらい、別に上手に作れなくたって誰も文句はいいやしないし、まわりの物を見る目が変わって毎日がおもしろくなるわよ、5月のをもう今から作っておけばいいでしょ、8句くらいすぐにできるわ、というようなことを言い熱心に誘ってくださるので思わず「はいわかりました」と答えた。

そのあと毎日、電車の中とか夜に天井睨んで指折ってるんだけど、やっぱり短すぎる! 必須アイテムの季語をいれたらもう言いたいことの10%だって言えない。それに、5月は俳句の世界では夏だって、まだ朝晩寒くて木の芽すら出てないのに、夏の句って言われても困る。
そんなわけでまだひとつも出来てません。
やっぱり俳句ってすごい。


IMG_2670_convert_20130407112834.jpg






( 2013.04.06 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

私も、俳句とか短歌ってスゴイと思います。
ミニマムな言葉でありったけの感性を込める・・・これ、行間を読めない人には絶対理解できないですよね。日本のわび・さびの一環でしょうか。

それがさぁ・・私の大学の英会話の老教授(アメリカ人)が日本の俳句や短歌かぶれの変なジジイで・・・英語に訳した俳句(文字数なんか無視)とかを授業で観賞させるんですよ。
我々は、ナマの英会話を習いたいのに、ジジイは「どうせこいつらには英語は理解できない」と思ってか、通訳まで毎回連れてきて。
怒り狂った我々は、ボイコットという手段に出たのですが・・・ジジイ、「なら好きにしろ」と開き直った。結局、生徒が寝てようが意味不明の英語短歌と俳句で4年間押し切りました。公立大学ですよ、これ!
そんなに好きなら、「あんた、日本語ぺらぺらなのかよ?」と聞きたかったですけどね。
何分血圧高そうなジジイだったので、死なれても困ると思ってww

( by : とんがりねずみ * URL ) ( 04/06 - 23:02 ) ( 編集 )

とんがりねずみさん

そういうジジイ、いるいる!
通訳まで連れてくるジジイもすごいけどボイコットするというあなたたちもすごい。それでも4年間我を押し通したジジイなんですね、やりたい放題だな。
ちょっと違うハナシですが、こっちにもよく日本びいきオヤジ(たいていなぜか白人)が日本女性を追い回していたりします。日本(アジア全域というターゲットの広いオヤジも多いが)の女性はおとなしくてハイハイ言うことを聞く、というとんでもない幻想に取り憑かれているようです。
またまたおもしろーい話、ありがとう!!(どんだけ隠し持っているのか、これからも楽しみにしてます)

( by : タロコ * URL ) ( 04/07 - 17:45 ) ( 編集 )

No title

だよね。言いたいことを17文字に収めてしまうなんて難しいよね。言いたいことの半分以上を飲み込んで、もっと謙虚に生きないさいって教訓なのかしらね。
そういえば最近うちのおかんも俳句なるものを始めたみたいで、彼女の部屋のちゃぶ台に俳句の本が置いてある。まだ作品は見ていない。

( by : もうこ * URL ) ( 04/09 - 00:01 ) ( 編集 )

もうこさん

おかあさんの作品、できたら私も見てみたいわあ。
こっちもいまだにひとつもできてません、みんなどうやって作っているのか不思議でならない、やっぱり私には無理なのかなあ。

( by : タロコ * URL ) ( 04/10 - 05:11 ) ( 編集 )

No title

アタシもやってみようかな。まずは独り言を575で言うことから始めよう。これおもろいかもよ。俳句っていうより標語になっちゃうか(^^;)
写真は何十枚何百枚も撮って納得できるのが2~3枚というように、俳句も手当たりしだい作ってたら一句ぐらいお気に入りができるかもよ。
目指せ!第二のサラダ記念日・俵万智・・・ってちょっと古い?

( by : もうこ * URL ) ( 04/11 - 07:39 ) ( 編集 )

もうこさん

やってみよ、やってみよ!
もうこさんのコメントで私もちょっとヤル気でてきた、まずい句をいくつもいくつも作ってたらそのうち少しはよくなっていくかもね。ありがとうね〜〜〜〜

( by : タロコ * URL ) ( 04/12 - 05:20 ) ( 編集 )

No title

こんにちわ、ジジイです。笑
文章って短ければ短いほど省略される部分が多いわけで、
無駄がないというか、かげにかくれている部分を表現するというか、
なんていうかそのお、まして俳句だとか短歌というのは文字数に
制約があるわけでして、定型詩ともちがうわけで、
まあ、とても芸術的なトライだと思います。瞬間を切りとる写真に
近いのかも知れないなどと考えてみたり、説明が少ないほど、
難しいし、

まだ寒い札幌、
お元気ですか?
HOBOです。

( by : HOBO * URL ) ( 04/19 - 09:22 ) ( 編集 )

HOBOさん

こんにちは、ジジイさん(笑)
やっぱり俳句、私には無理かもです。一応つくってみたものの、ただ字数を合わせているだけで、ほんとひどい出来。悲しい。そしてお師匠さんに提出したら、ひとつダメが出て書き直し。非常に悲しいです。
こちらはかなり暖かくなり、そこらじゅうの木がいっせいに芽吹いたり花咲かせたり。札幌もそろそろじゃないですか?HOBOさんお元気で。

( by : タロコ * URL ) ( 04/20 - 20:28 ) ( 編集 )

No title

タロコさん、こんにちは!!^^

私の似非俳句の作成手順は次のとおりです。

・「これは俳句になる。」と思う、「事」「物」に気づく。
・気付いた内容を一つに絞り込む。
・それを約17文字以内の言葉となるようにする。この際、最強な文字数制限があるので、状況語というか一発でつかみはOKじゃないけど状況の伝わるお得な単語を使う。例1:季語
・できれば語呂良く、韻を踏みたい。
・それを書くまたはパソコンで入力する。
・他の人に最初の「気づき」が伝わるよう、推敲する。

こんな私の、理想です。^^;

( by : くわがたお * URL ) ( 04/20 - 22:19 ) ( 編集 )

くわがたおさん

こんにちは!!!
それひとつで状況が伝わる「お得な単語」!!ものすごく納得しました!(そんな単語を見つけられるかどうかは別として)最強のアドバイスありがとうございました!この一連の教えに従って、ダメが出てもめげずにがんばります!くわがたおさん、ありがとう!

( by : タロコ * URL ) ( 04/22 - 21:47 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。