スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
平日ひとりハイキング
休みが余っているのでとった。で、今まで行ったことないところへ行ってみた。だいたいの方向だけ決めて、後は携帯の地図見ながらということで、かなり適当に家を出た。

地下鉄をひとつ乗り換えた。その線は地下ではなくて高架になっている。NYの住宅はレンガ造り三階建てが多くて、電車はその屋根くらいの高さを走るので、まるでレンガの波の間を進む船みたいだ。平日の朝の下り電車は空いていて朝の日がいっぱいに射していた。いくつめかの駅で盲目の人が乗って来て、これはZトレインですかと聞き、近くに座っていた白髪の黒人男性が違うと言って立ち上がり、窓の上の路線図を指差して何かを言おうとし、すぐに相手が見えないことに気づいてその指をひっこめ、目的地を訊ねた。ふたりが話しているうちに次の駅に着き、白髪の人はいっしょに行こうと言ってふたりは電車を降りて行った。レイモンド・カーヴァーの短編のようだ、と思った。

適当に電車を降りたら、Forest Parkというでっかい公園がわりと近くだったので行った。遊歩道やハイキングコース、馬の散歩道も歩いてみた。この北側に高級住宅地があるから馬を持ってる人が多いのかもしれない。1時間ほどぐるぐる歩き回ってたら公園の外に出た。住宅街のどんづまりだった。家の前で車を洗っている人がいて、日本に似ていると思った。携帯の地図を見ながら家の方角めざしていくと大きな交差点に出た。Wendy'sというハンバーガー屋があり、そこから出てきたヒップホップ系の若者と並んで信号待ちをした。他に誰も人はいなくて、車がごうごうと走り過ぎるのになぜか白茶けた静寂みたいなものがヒップホップとアタシのまわりを囲っていた。

信号が変わって、日盛りのなか延々と続く墓場の脇の歩道を歩いた。長い墓場がやっと途切れると、ピザ屋だの99セント・ストアだの会計事務所だのといった店が並んで、そこはMiddle Villageという所だった。名前の通りクイーンズのほぼ真ん中で、なのになぜかそこだけすっぽり盲点になっているような、忘れ物のような町。小さな食堂に入った。メニューが何ページもあって迷ったあげく普通のBLTサンドイッチを頼んだ。隣のテーブルには絵に描いたような下っ端マフィア風兄ちゃんが二人座っていた。髪をべったり固めて金色のネックレスをした方は電話でなにか深刻そうに話していたので、真剣に聞き耳たてたけど話の内容は聞き取れなかった。向かいあったタンクトップに剃髪の兄ちゃんは自分の携帯画面にずっと見入っていた。

食堂を出てさらに15分くらい歩くと、Mトレインの駅があった。マンハッタンで時々乗る電車、ここがその終点だったのか。だけどこの駅の雰囲気、ニューヨーク市内と思えない。10分ほど待つと電車がのんびりとホームに入ってきて、アタシものんびりと乗り込んだ。平日午後の電車、乗客は皆なんだか満ち足りた顔をしていた。


IMG_3667_convert_20130831104114.jpg
Mトレイン終点。




( 2013.08.30 ) ( notes ) ( COMMENT:14 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

むかしの原宿駅みたいですねえ。こんな感じのところが
あるんですねえ。
こんにちはタロさん。お久しぶり。

ところで猫も糖尿病になるんですか?
インスリン、、、
大変だあ。
ヘモグロビンA1Cだとか、あるのかなあ?
疲れやすいんだろうなあ?
糖尿病の先輩として、デッカイの、自己管理の
できない動物ですからねえ、心配だなあ。

みんなそれぞれの事情を抱えて生きてますからねえ、
あっ、それから、ブレーキのない自転車、もともと競
輪用のヤツなんですがね、5年ぐらい前から都会の
若者の間で大流行、変速もブレーキもなにもない
ピストバイク。警察に目をつけられて、最近だいぶ
減ったみたいですね。まえの記事にコメントしようと
思ったんですがね、更新になってたんでこっちに
しました。
じゃ、またね。
デッカイの、大事にしてやってください。

HOBO

( by : Mr.HOBO * URL ) ( 08/31 - 00:21 ) ( 編集 )

まず写真が目に入って、この写真の経緯が知りたくなって文章をずっと読んでると知らず知らずに惹き込まれます。
そしてなんとなく長閑な癒される時間の流れが伝わってくる・・・
遠い地のことなのに遠さを感じない、身近な風景のようで。
癒されます(^^)

大きい子、やっぱりやばかったですね。
というより想像を超えてましたが。
お大事に。

( by : ぐり * URL ) ( 08/31 - 07:34 ) ( 編集 )

HOBOさん

HOBOさん、お久しぶりです。
糖尿病についてネットでいろいろ調べたら、恐ろしくなってきました。病気って自分や近しい人(ペットもふくめて)がかかるまではやっぱりひとごとで、なかなかその辛さがわからない、というかわかろうとしないんだなあと(特に私みたいな人間は)思いました。HOBOさんも恐ろしい思いをしてきたんだなあと改めてお察しする次第です。ほんとにみんな人に言えないいろんな事情をかかえているんですね。暖かいお言葉ありがとうございます。
この老猫、大事にします。

自転車、そんな種類があったんですね。乗り物はあまりわからないので冴えないレスポンスですみません。競輪の自転車ってブレーキがないって聞いたような気がするんですが本当ですか?だとするとものすごく危ないスポーツですねあれは。選手の人たちはどうやって恐怖を克服するんだろうかと考えてしまった。

( by : タロコ * URL ) ( 08/31 - 18:02 ) ( 編集 )

ぐりさん

ぐりさん、
やっぱり私はだらだら長々と話を書くのが好きなようで、(しかもどれも、何の事件やおもしろい出来事も起こらない、オチもない話で)これでも一所懸命削ったんですが、こんなに長くつまらないのを最後まで読んで頂いてありがとうございます。私には弟がいますが、彼は子供のころ本なんか見向きもしないひたすら体育系で、「最初のページ開いて字がぎっしり詰まっているのを見てそれでもそれを読もうと思う人の気持ちがわからない」と大昔に彼が言った言葉を今でもよく覚えていて、書く時はとにかく短く短く削るようにしていますが、やっぱり難しいです。(あ、また長々と書いてしまった)

猫のこと、ありがとうございます。体重少し減りました。これからまた地下まで散歩に行きます。

( by : タロコ * URL ) ( 08/31 - 18:25 ) ( 編集 )

ネコと人間が階段を行ったり来たり。おもろい光景。ところでデッカイノさんは素直に運動してるのでしょうか。タロコさんが後ろから「ホイッ!ホイッ!」と追い立てる。デッカイノは(うるさいなあもう。わし、ひざイタイねん)とか思いながら、あのほっぺたをプウッと膨らませて歩いてると違いますか?

写真、ほんとにここはニューヨーク?
終着駅、だねぇ。緑がまぶしいねぇ。

( by : もうこ * URL ) ( 09/01 - 08:53 ) ( 編集 )

もうこさん

その通り、今までドアを開けたら隙間からサッと飛び出て地下まで行くヤツだったのに、私が「行け行け」と言うと行くのいやがる。追い立てるとまさに「ひざイタイねん」という顔で見る。そういえば尿検査のためにおしっこしてる時ガバッとフタ開けた時のオロオロ顔、見せてあげたかった。「なんやなんやなんやなんで見にくんねんわしがなにしたちゅうねん」という目でした。一度はそうやって尿の横取り成功したんだけどもあれからものすごい警戒しててアタシが見てる時はなかなかおしっこに行ってくれない。定期的に検査紙で尿の数字を調査せよと獣医さんから指令を受けているんだけど、むずかしいです。

( by : タロコ * URL ) ( 09/01 - 22:27 ) ( 編集 )

タロコさん、こんばんは!!^^

他の方へのコメントを盗み見てしまいましたが、私もネットの長文、苦手です。この記事も1回目はパスしてしまいました。^^;

この記事を読んで、かすかになんとなくですが、私も満ち足りた気持ちになった気がしました。

( by : くわがたお * URL ) ( 09/02 - 10:52 ) ( 編集 )

くわがたおさん

くわがたおさん、こんばんは!
他の方へのコメントを「盗み見た」わけですね。別に隠しているわけでもないと思いますが、くわがたおさんらしくて笑ってしまいました。2回も見てくださって、しかも2回目は読んでくださったわけですね。ありがとうございます。

( by : タロコ * URL ) ( 09/02 - 19:35 ) ( 編集 )

o(__)ノ彡_☆バンバン!!
おしっこをしてるところを見られた時のオロオロ顔。読んだ途端大笑いしました。笑い事じゃないけど、すみません、大笑いしました。
その後おしっこ収集は捗っているのでしょうか。話して納得してくれる相手ではないし、タロコさんの苦労お察ししますm(_ _)m

( by : もうこ * URL ) ( 09/04 - 23:10 ) ( 編集 )

こんにちは♪
ニューヨーク短描ですね。
短「猫」じゃありませんよ(笑)。

こういうの、いいないいな。
こういう、ちょっとした街のスケッチって好き。
そして、こういう目的のない街歩きも好き。
なんだか、映画の中のワンシーンのようですね。
平日の午後のニューヨークぶらぶら歩きかぁ…いいなあ。

最初のシーンなどは、ほんと、レイモンド・カ―ヴァーのようですね。映画『最強のふたり』(原題:Intouchables)みたい。フランス映画ですけれど。
この映画とてもよかったです。
写真は、ほんと、原宿の駅に似てる。

『なのになぜかそこだけすっぽり盲点になっているような、忘れ物のような町』

ああ、いいですねえ。そういう感覚♪ ^^

でっかいのさん、お大事に。

( by : 彼岸花さん * URL ) ( 09/05 - 00:16 ) ( 編集 )

もうこさん

笑い事ですよ、私も大笑いしてしまった。ネコだけがクソマジメな顔してます。
ご心配ありがとうね、でもあれ以来ダメです、ネコトイレに向かってる時あとをついていくとチロッと振り返って方向転換したりする。ものすごく警戒してます。でも体重は減りつつあり、本人もちょっと体軽いの感じてるみたいです。もうこさんありがとうね

( by : タロコ * URL ) ( 09/05 - 21:10 ) ( 編集 )

彼岸花さん

「短描」、ご指摘の通り最初はネコと読んで、???でした。お見通しですね〜
ほんとにニューヨーク市内とは思えないのんびりした駅でしたよ、そして原宿(田舎者の私からすると都会の喧噪の中心みたいな印象が)、昔はこんな駅だったんですか!(今の原宿も昔の原宿も知らないですが) 東京もスミにおけないですね(何が)! 

教えてもらった映画今度観てみます。フランス映画って、キュートさとエグさが同居してて、いいですよね。(ってそんなに知りもしないくせに好き勝手言ってみる)

彼岸花さん、ありがとうございます。

( by : タロコ * URL ) ( 09/05 - 21:26 ) ( 編集 )

くわがたおさん

こんにちは!
ほったらかしのこんなブログをまだ覗いてくださっていたんですね、くわがたおさん!!
ありがとうございます、というか申し訳ありません! 何を書いていいのかわからなくなってしまって、まあそのうちまた書きたくなるだろうと思って閉鎖せずに置いてあるんですが、かえってご迷惑をおかけしてるようで、ほんとうにすみません。
くわがたおさん、やさしいお言葉ありがとうございます。そのうちなんとか、きっと。

( by : タロコ * URL ) ( 10/17 - 20:29 ) ( 編集 )

彼岸花さん

彼岸花さん、こんばちは〜〜〜〜
ほんとにほんとに面目ないです!
彼岸花さんのあたたかいお言葉、耳がちょっと痛くて心にじんと沁みました。
ほんとにほんとにありがとうございます!
更新がんばります〜

( by : タロコ * URL ) ( 10/21 - 13:28 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。